So-net無料ブログ作成

その日の青空 [詩]

 
dc100510.JPG

        明るい日の記憶があって
        水引草は
         いつでも夏の終わりを
         美しく演出する
        そう あの日
        不意に言葉が途切れ
        私たちは立ち止っていた


         ひとしきり
         風が吹き

         森は
         ひとつの世界に閉ざされる

dc100509.JPG

         私たちがためらいがちに
         唇を重ねたとき
         杉木立の奥で
         いっせいに水引草が揺れ
         どこまでも神寂びた静けさの中で
         ひっそりと
         秋の花々の
         饗宴が繰り広げられていた
         ハギ ミゾソバ ツリフネソウ リンドウ ノコンギク
         私たちの影は
         花々の中に映し出され
         たちまち
         官能の宴に曝される


         宴は
         やがて終焉を迎え
         森は
         光を誘い
         私たちに
         その日の青空を
         記憶させる


dc100520.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。