So-net無料ブログ作成

春の公園  [街風景]

dc041124.JPG


            今日の横浜スタジアム 横浜×阪神戦は 6対3で阪神の勝ち。
            金本の通算2000本安打達成の記念試合となった。
            最近は 横浜が勝ったと聞くと落ち着かない。
            負けて 最下位にいることを確認する方が安心するのだ(?)

            もう何年前になるのだろう。
            花吹雪舞う馬車道を優勝パレードのバスが走ったのは。
            あの感動! 佐々木がいて 谷繁がいて ローズがいた。
            スタジアムで 冷たいビールを飲み メガホンを叩いて応援していた自分もなつかしい。
            もう二度とないな きっと・・・


dc041122.JPG


                     横浜公園のチューリップが見頃。

                        咲いた~ 咲いた~
                        チューリップの花が~
                        並んだ~ 並んだ~
                        赤 白 黄色~
                        どの花見ても きれいだな~

                     口ずさんでみると ずいぶんとシンプルな歌詞なんだと思った。
                     今は赤白黄色どころではなく カラフルだけど。
                 
                               

dc041125.JPG

   並んだ~ 並んだ~ 
   鳩さんが 並んだ~

dc041128.JPG



dc041130.JPG

   春の公園は どこかゆったりとした時間が流れている。
     チューリップが咲いたらしいよ
     そう~ 見ていこうか
   そんな会話が聞こえてきそうな 後ろ姿


dc041134.JPG



dc041119.JPG



dc041210.JPG


                最後に 我が畑ガーデンのチューリップ。
                何の手入れもしないのに 毎年ささやかに花を咲かせてくれる。


                小川国夫さんが亡くなった。
                「文学」というものに初めて触れたような気がした『アポロンの島』
                若い頃 一時小川さんの本を読みまくったことがあった。
                『アポロンの島』の若々しい感性。簡潔で透明感のある文体。

                何年もして 小川さんの講演を聞きに行ったことがあったが
                その頃は だいぶお歳を召していらして 思いの外声が小さく
                本の印象と違ったことを覚えている。

                いろいろな本は処分したが 小川国夫さんの本だけは処分できないでいる。
                もう読むことはないと思うのに・・・。
                訃報を聞いて あんなに夢中になった時代が自分の中でも終わってしまったような
                そんな寂しい気持ちになった。 ご冥福を祈りたい。
nice!(11)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 11

コメント 20

junsbar

こんにちは、雨の日曜日になりました。
横浜スタジアムですね。久し振りに見ましたよ
前はよく中華街、元町に行っていたので懐かしく拝見
チューリップも綺麗に咲いています。
畑のチューリップも、案山子さんも見ていることでしょう
小川国男さん亡くなった事気がつきませんでした
あまり読んだ事のない作家です。逸民ぐらいでしょうか
立原は今だ繰り返して読んでいますが
タックンさんにどの様な影響を・・・興味あるところです。
ゆっくり前に進みます。
何時もありがとう。
by junsbar (2008-04-13 11:02) 

タックン

junsbarさん こんにちは。
雨の日曜日ですね~ かえってのんびり休養ができそうです。
立原というと 立原正秋さんですか?
う~ん 納得です^^
立原さんの美の世界や 美味い物にこだわった姿勢など
junsbarさんの世界に通じますね。
小川国夫さんは 一番はその文体でしょうか。
土地の風景を丹念に書き込めば見えてくることがあると言ってました。『アポロンの島』は青春紀行文のような本でしたが その地に生きる人々との出会いがいきいきとと描かれています。
小川文学は 背景に聖書の世界があるので 難しいところもありますが
一言で書き切ってしまうような その文章がとても魅力的です。 
若い日に出会えて良かったと思います(今は ちょっとしんどいかも^^)

今日は我がベイスターズはどうでしょうか
最下位街道 まっしぐらかな^^ 
by タックン (2008-04-13 15:45) 

夏炉冬扇

今日は。本、どうとかしないといけません、こちらも。
チューリップは年々ちいさくなります。どこの庭にも有るけれど、試しに3本50円出だしてみたら売れました。
by 夏炉冬扇 (2008-04-13 15:45) 

タックン

夏炉冬扇さん こんにちは。
夏炉冬扇さんの書斎は 本で埋まっているのではないでしょうか。
もう買うのは止めようと思いながらも 書店に立ち寄るとついつい
買ってしまいます^^
チューリップはほっておくと こんなに小さな花になってしまうのですね。
毎年植え替えている公園のチューリップ 圧巻でした!
3本50円なら 私も買うかも^^

今日はこちら 冷たい雨の一日です。
by タックン (2008-04-13 15:56) 

sakamono

「もう二度とないな」などというコトはないでしょう^^;。今年はヤクルトも好調ですし。カラフルなチューリップたちです。チューリップは春の象徴の花のような気がしてましたが、桜が終わった頃(?)咲くのですね。
by sakamono (2008-04-13 17:22) 

レイン

12日に私も横浜公園に行きました。お昼近くだったので、たくさんの人が来ていましたが、チューリップにはあいにくの曇り空でした。
タックンさんが撮られたのは日射しもあって人もいなくて、早い時間だったのでは?
by レイン (2008-04-13 18:57) 

タックン

sakamonoさん こんばんは。
言い替えますね^^
私が生きている間は たぶん優勝はないだろうなぁと。
でも ホントは期待しているのですよ 万が一ということもあるし^^
sakamonoさんは ヤクルトのファンですか?
私は横浜 次がヤクルトです。巨人はいつでも最後^^

チューリップの花を見ているとは 子どものような気持ちになりますね。
by タックン (2008-04-13 19:56) 

アカシア

横浜スタジアム。
野球少年だった子ども達と出かけたものでした。
チューリップはたくさんでも一本でもかわいい元気な春のお花ですね。
(^^)
by アカシア (2008-04-13 20:05) 

タックン

レインさん こんばんは。
書いたのが12日だったので その日に行ったような記事になってしまいましたね。
この写真は前日11日 金曜日の昼間です。
もちろん 野球もなく のんびり静かな公園内でした。 
昨年 レインさんのブログでチューリップを見せてもらってから
一度開花の時期に行ってみたいと思っていました。
いかにも街中の公園という風で 色とりどりのチューリップが
楽しい春を演出していました。
レインさんも 撮られてきたんですね。楽しみです^^
by タックン (2008-04-13 20:15) 

タックン

アカシアさん こんばんは。
横浜スタジアムはなじみの球場なのですか?
お子様たちの試合かな それともプロ野球の観戦かな。
空を仰いでのナイター観戦は気持ちがいいですよねぇ~
試合は二の次です^^
一本でゆらゆら揺れているのも たくさんのチューリップが
いっせいに同じ方向に揺れるのも ホントに可愛い~~^^
by タックン (2008-04-13 20:26) 

こぎん

浜のチューリップもきれいですね~。
鳩さんも元気だ~!
いつもより、色鮮やか華やかです。
チューリップって掘り起こさないと・・・片葉になって、咲かなくなるのですが、
タックンさんのチューリップは・・・ど根性チューリップ??^^;

by こぎん (2008-04-13 22:49) 

風船かずら

横浜球場なんどかゆきました。横浜が強かった時も、わたしはなぜか中日(家中がそうなので)の応援に。童謡って、味わうととてもいいですね。タックンさんの昔、完全燃焼のときがあったのでしょうか。でも、これからだってあるのではないでしょうか。
by 風船かずら (2008-04-14 10:38) 

畑の帽子

行った事があると思うと親近感が湧くものですね。^^
  チューリップが可愛いです。
大魔神が渡米直前に、その距離30センチくらいの至近距離で遭遇しました。 あの頃の横浜は凄かったですね。

小川国男さん 存じませんでした。
一度図書館で借りてみます。
タックンさんの世界が見えるでしょうか?
by 畑の帽子 (2008-04-14 22:02) 

junsbar

おはようございます。
立原正秋と小川国夫さんは交友があったそうですね
何か物の本で読んだ事が、不確かですが
最近野球は見ることが無いので
もう選手の名前も判りません
大リーグは時々ですが
やはり地元ですか
私、地元でもアンチジャイアンツ・・・・でしたが多分
by junsbar (2008-04-15 05:30) 

タックン

こぎんさん こんばんは。
>いつもよりも色鮮やか・・・
そうなんです カメラが違うのです。さすがですね^^
いつも使っていたカメラが壊れ ちょっといいのを買ったら
それも一ヶ月もしないうちに落とし(これは連れ合いが)
それからまた 安いカメラを買いました。
連れ合いはいいカメラの方を修理して自分専用に使っています。
このカメラは そのちょっといい方で撮ってみたものです^^
いいカメラは重いし 私はやっぱり ボケボケでも 安くて小さい方が
合っています。
横浜公園のチューリップは 毎年レインさんの見事な写真で楽しんでいます。
by タックン (2008-04-15 20:31) 

タックン

風船かずらさん こんばんは。
中日ファンの熱狂的な応援は圧倒されますね~^^
私も何度か足を運んだときは 中日戦が多かったような。
いつも負け試合でしたけど^^
若い日の完全燃焼・・・夢中になることはありましたが
なにひとつ身に付きませんでした^^;
これからは・・・どうでしょう? いつでも模索しているのですが
もう燃焼するためのエネルギーが枯渇しはじめています。
by タックン (2008-04-15 20:41) 

タックン

畑の帽子さん こんばんは。
あの頃の大魔神は 神社に祭られるほどひかり輝いていましたね。
あの優勝の歓喜を共に味わえたことは今でも喜びです^^
大リーグで もっと活躍してくれると思いましたが・・・

小川国夫さんを読んだのは20代後半から30代でした。
大きな物語があるわけではなく 読み進めるのにけっこう根気が
いったような気がします。
>懐中電灯を照らすと闇の向こうにまた闇があった
>波が馬の背にのように押し寄せてきた
とか 何でもない表現ですが こんなのに惹かれたのを覚えています。
小川国夫さんが ずっと住み続けた藤枝市をいつか訪ねてみたいと思っています。



by タックン (2008-04-15 21:01) 

タックン

junsbarさん こんばんは。
小川国夫さんは「内向の世代」とか言われていたようですが
立原正秋さんも同じ世代のようですね。
こころの内側に向かって問い続けた作家というイメージがあります。
立原正秋さんの描く女性は魅力的でしたね~
美しさを愛される女性 あこがれでした^^

junsbarさんもアンチ巨人なんですね~ 同志ですね^^
横浜 今日はどうかな?

by タックン (2008-04-15 21:14) 

po-net

タックンさんがスタジアムに行かれた日はいいお天気だったですね。
私は翌日、寒い中3類側で応援グッズを手に観戦しとりましたが
応援してても寒くて手がかじかみそうでした。。
姉が置いていった本の中に小川国夫さんの本がありました。
今度読んでみようかなぁ。
by po-net (2008-04-26 23:08) 

タックン

po-netさん
po-netさんは 阪神ファンなのですね~う~ん ライバルじゃあ^^
今年の阪神は強そう~ きっとハラハラ気のもめることでしょう。
その点 横浜ファンはもう落ち着いたものです。
だって一番下に定位置が決まりそうですから^^

お姉さんが 小川国夫さんを読まれていたのですか。
ちょっと親しい気分に^^


by タックン (2008-04-27 20:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。