So-net無料ブログ作成

水族館 [詩]

    

 

           日照りが続いて
           ひび割れた道を
           パラソルをさして歩いて行く

           入口に人はいたのだろうか
           静けさに
           (数万匹の性を孕んだ夏)
           遮断されたガラス張りの通路に
           海の
           明るい日射しが投げ捨てられて
           それは たちまち
           背後に潜む無数の魚たちに絡みつく
           整然と泳ぐ彼らの
            (見開かれたまま 夏の)
           おびただしい眼が
           やがて奇妙な世界へ駆り立てる

 

     

           
           海に
           光があふれ
           刹那
           女のトルソーが
           魚たちと交わっている

           道は
           どこまでも真っ直ぐで
           花いばらが這っている

 

    

 


 (2008年1月19日 葛西臨海公園にて)

  久しぶりに水族館に行きました。
  小さい頃 夏に 海辺の小さな水族館に連れて行ってもらったことがあって
  その時の印象が ずっと残っていて
  私のなかで 水族館は いつでも 特別な場所です。

         

 

      勝手ながら ナイス・コメントはなしということで ごめんなさい (^-^;)        



共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。