So-net無料ブログ作成

秋 深し [歳時記]

          

           秋が 深まりました。

          ぎんなんの殻と ススキで作ったという 楽しい

          秋便りが 届きました。

    

    つい前まで チョロチョロと 家中をかけまわり 

    その存在で 生きている歓びを家中に振りまいていた

    タックンの死

    その寂しさを 埋めてくれるかのようです。

          

          日々は ゆっくりと

         確かに 次の季節に向かっていくのに

         わが家には まだ

         タックンの 生きていた時間だけが 取り残されています。                                                                                  


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

絵瑠

素敵なお写真ですね。
タックンのお話しは、涙で字が見えなくなってしまいました。

これからも、宜敷くお願い致します。
by 絵瑠 (2005-11-04 11:01) 

タックン

絵瑠さん どうもありがとうございます。
絵瑠さんのお宅も 沢山のご家族(?)がいらっしゃるようですね。
わが家も タックンの他あと5匹の猫たちがいます。
タックンだけだったら もっと治療に 時間もお金もかけられたのではないかと
その申し訳なさで まだ心が落ち込んでいます。
絵瑠さんのブログは こころ落ち着かせてくれるものがありますね。
これからも どうぞ よろしくお願いします。
by タックン (2005-11-04 17:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。