So-net無料ブログ作成
検索選択

6月 梅雨時の通信隊 [深谷通信隊の四季]

IMG_7400 (550x413).jpg

この時期になると、通信隊には毎年数匹のカモが飛来します。
草の中をヨチヨチと歩く姿はとても可愛い♪

IMG_7434 (550x411).jpg


IMG_7479 (550x413).jpg




IMG_7580 (450x317).jpg


IMG_7587 (450x326).jpg




IMG_7566 (550x406).jpg




IMG_7589 (550x399).jpg

朝の語らい(ムクドリ)
IMG_7518 (550x409).jpg



通信隊で見つけた アート?

IMG_7484 (450x338).jpg



IMG_7505 (450x338).jpg



IMG_7402 (550x406).jpg



IMG_7539 (550x403).jpg


どんより梅雨空に少しでも青空が見えるとホッとします。
気がつけば6月も残りわずか、いよいよ暑い季節がやってきます。

IMG_7538 (550x413).jpg

**************************************

昼間のイモリちゃん

夜な夜な窓に張り付いて可愛い姿を見せてくれるイモリちゃん
昼間 ブロック塀で見つけました。
その姿に 思わずギョ!
まるで小さな恐竜ではないですか^^

IMG_7358 (450x338).jpg

      湿気が多いのか、我が家の庭にはカタツムリがいっぱい 
      うっかりすると踏みつぶしてしまいます。
      同じようにナメクジもいるのですが
      殻を背負っているだけで可愛いと思えるのが不思議ですね^^

IMG_7530 (450x338).jpg



今年通信隊の草の中にたくさん咲いていた花
桔梗草(キキョウ科 キキョウソウ属)というのを初めて知りました。
色鮮やかな小さくて可愛い花ですが帰化植物とか
繁殖力が強そうです。

IMG_7309 (400x295).jpg

nice!(27)  コメント(40) 
共通テーマ:日記・雑感

爽やかな風が吹き渡る通信隊 [深谷通信隊の四季]

梅雨入りを前に 爽やかな初夏の風が吹き抜けている通信隊です。
草刈りがないためか、ぼうぼうと伸び放題の草
ここまで草に覆われた通信隊は初めてです。
その中から雲雀が飛び立って行きました。
草の中、今年は安心して巣作りができるのでしょう。

IMG_7278 (550x411).jpg



IMG_7110 (550x413).jpg



IMG_7174 (450x338).jpg



IMG_7184 (450x338).jpg



IMG_7012 (550x412).jpg

チガヤも好き放題 あちこちに白いキラキラ空間を作っています。



IMG_7213 (450x338).jpg



IMG_7233 (550x413).jpg


IMG_7207 (450x338).jpg


IMG_7079 (450x338).jpg



IMG_7264 (450x326).jpg



IMG_7297 (550x412).jpg





IMG_7291 (550x411).jpg



IMG_7035 (450x334).jpg



IMG_7125 (550x410).jpg

※ 6月の通信隊ですが、写真のほとんどは5月に撮ったものです。

************************************

仲良し?

IMG_7303 (450x336).jpg

ノビルの花



IMG_7287 (450x338).jpg


トントンとチッチ




****************************************

最近読んだ本


猫から出たマコト

猫から出たマコト

  • 作者: 赤瀬川 原平
  • 出版社/メーカー: 日本出版社
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本


タイトルに「猫」と付いていれば、とりあえず借りてきます^^
この本はさすが赤瀬川原平さん
写真も文章も楽しく読めました。
「猫の手を借りたい」「猫を被る」「猫に小判」「猫またぎ」「猫ばば」など猫にまつわる言葉のエッセイです。






楽園のカンヴァス

楽園のカンヴァス

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/01
  • メディア: ハードカバー


mozさんのブログで知り気になった作家 原田マハさん
この作家さんを私は読んだことがありませんでした。
たまたまNHKの日曜美術館で、モネを熱く語る原田マハさんを見て
機会があったらモネが語られている『ジヴェールの食卓』読んみようと思っていました。
図書館で『ジヴェールの食卓』は見つからず、この『楽園のカンヴァス』を借りてきました。
『楽園のカンヴァス』はアンリー・ルソーの作品『夢』を巡る小説です。
サスペンス仕立てだからでしょうか
とても面白く、久しぶりに本を一気に読んだ気がしました。
絵の鑑賞は自分の目で感じるものだと思いますが、その絵の描かれた背景を知ると
また違った印象になるものですね。






死者の贈り物 [詩集]

死者の贈り物 [詩集]

  • 作者: 長田 弘
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • 発売日: 2003/10/23
  • メディア: 単行本



どの詩も「死」が語られています。


「いずれも、親しかったものの記憶にささげる詩として書かれた。親しかった場所。親しかった時間。親しかった人。近かったが相識ることはなかった人。親しかった樹。親しかった猫。親しかった習慣。親しかった思念。親しかった旋律。親しかった書物。逝ったものが、いま、ここに遺してゆくものは、あたたかなかなしみと、簡潔なことばだと、振り返ってあらためて感じる」

「ひとの人生の根もとにあるのは、死の無名性だと思う」ーあとがきからー

詩の感想を言葉にするのは難しいですが
死を考えることが多くなった今
どの詩の一行一行が 心に染み入る詩集でした。


IMG_7058 (450x338).jpg


nice!(24)  コメント(28) 
共通テーマ:日記・雑感

5月の通信隊 連休の出来事 [深谷通信隊の四季]

5月に入って小さな草花たちもいっせいに太陽に向かって咲き出しました。
草息でむせるほどです。


IMG_7004 (550x407).jpg


IMG_6907 (450x338).jpg


IMG_6958 (550x413).jpg

今年は見られないかと思っていたニセアカシアの花
白くたわわな花房を見せてくれました。
木の下を歩くと 濃厚な花の匂いがします。

IMG_6888 (450x338).jpg


IMG_6897 (450x323).jpg



IMG_6993 (450x338).jpg


IMG_6900 (450x331).jpg




IMG_6858 (500x375).jpg


IMG_6997 (500x375).jpg


晴れたり激しい風雨があったりの中、連休は楽しまれたでしょうか。
熊本地方はまだ余震が続いていますね。
一刻も早く終息して復興への道筋を進んで欲しいと思います。

**************************************


ここからは長くなりますので、適当にスルーしてください^^

ピー 救出顛末記

連休は、鎌倉で開催されている川喜多美術館での「原節子展」と、横浜の神奈川文学館での「夏目漱石展」を見に行くことを計画していました。久しぶりの外出です。
その楽しみが、飼い猫ピーの行方不明でパーになってしまったのです。
結果、見つかったのですが、ピーをこの手で抱きかかえるまでは大変でした。
心底疲れた連休でした。その顛末記です。

ピーが帰ってこないと気がついたのは5月1日の日曜日。

我が家で外に自由に出入りしているのはピーだけで、必ず帰ってくるという安心があったからです。遅くても夕方には帰ってきて、その後2階で爆睡するのが日課でした。
日曜日、朝一回帰って来た後、夕方になっても帰ってきません。
おかしいなぁと思いながらも、他の猫について行って遊んでいるのかもとまだ帰ってくるだろうと思っていたのですが、暗くなっても姿を見せません。

さすが心配になって、近所を捜し回ったのですが、ピーともスンとも気配がありません。
近所のトマスハウスに入ってしまったのか、それとも近くの新築工事現場に閉じ込められてしまったかと、様子を見に行きましたがいる様子はありません。
その夜は、ピーが帰ってくるかもしれないと網戸にしたまま、その傍に布団を敷いて寝ました。迎えた朝、帰って来た様子がありません。


月曜日。

私は仕事だったので、気になりながらも出かけました。
仕事中、何度か家に電話してみましたが、そのたび「帰ってきていない」の返事。
おかしいなぁと思いながらも、その時もまだどこかで「帰ってくるだろう」とたかを括っていました。
しかし、その日も夜まで音沙汰なし。

家出? 交通事故に遭ってすでに処理されてしまった? 恋?

いろいろ想像しながら、家の周りを何度も捜索しました。
「自分の意志で出て行ったのなら仕方ないね」とあきらめかけた頃、空き家の前で微かに「ミャー」と、思わず「ピー」と呼びかけると再び「ミャー」と。

エッ! ここ?

そういえば、この空き家では日曜日に植木を切りに人が来ていたことを思い出しました。
その時に入ってしまったのかと、何度か呼びかけてみるがそれ以降は応答がありません。
気になりながらも、その夜は家で待機、やっぱり帰ってきません。


IMG_6915 (450x313).jpg


火曜日。

帰ってこない。
早朝、気になっていた空き家に急ぐ。
ピー! ピー!
・・・・・・
ミャー

おっ!

ピー! ピー(思わず大声で)
ミャー!ミャー!

間違いありません。ピーはこの空き家に閉じ込められてしまったのです。

それからが大変でした。空き家の持ち主Nさんに連絡することになったのですが・・・。

まずは連絡場所を見つけなくてはと思うものの、どこで聞いたらいいかわかりません。
隣の家の人は留守、空き家の周りをウロウロして思案している間も「ミャー! ミャー!」の声。焦ります。

町内会長さんならわかるかも知れないと電話をしてみると「最近は住民が亡くなっても連絡もないよね。そこが空き家になっているのも知らなかった」と。
「とりあえずMさんのおばぁちゃんが親しかったから聞いてみれば」というのを頼りにMさん宅へ急ぎました。
Mさんのおばぁちゃんは耳が遠くて話が通じず、困っているとその家のお嫁さんがNさんからの古い年賀状から住所と電話番号をさがしてくれました。「ホッ」。
家に帰って急いで電話をかけると現在使われていません」のアナウンス。

エェ~!・・・・

Nさんの名前と住所を頼りに104番で聞いてみたのですが「登録されていません」。
こうなったら住所を頼りに家を探しに行かなくてはということになり、ナビを頼りに家を出発しました。その時9時半。

住所は家から20分くらいのところでしたが、道が狭く、なかなかその地までたどり着けません。仕方がないので、車をスーパーに止め、歩いて捜すことにしました。
歩き始めて30分、その地までは何とか行けたのですが、その住所地にNさんの表札がみあたりません。
近所の人に聞いてみると「この辺りは住居表示の変更があって、その住所地は道路の向う側だわ」と「近くに交番があるので聞いてみたら」と言われ、交番にいそいだのですが、交番は留守。
交番にあった地図を見つけ、なんとか新しい住居表示でNさんの家の見当をつけ、急ぎました。

よくよく見ると、我が家からはこちらの方がずっと近くでした。
近くに住んでいてくれて本当によかったと言いながら、Nさん宅の住所地を見つけるため、また歩きます。
古くからの店なら何か知っているかもしれないと、まずは薬局に入りました。
薬局のご主人は親身に住居地図を広げさがしてくれましたが、Nさんの名はありません。
「ここよりも隣の蕎麦屋さんがわかるかもしれない」と言われ蕎麦屋に。
丁度昼時でざるそばを注文しながら、店の人に聞いてみました。
そしたら「Nさんなら何度か出前をしたことがある、出前の者がかえってきたらわかるかもしれない」と。
「よかったぁ」と安心してざるそばを美味しく味わっていたところ、帰ってきた出前の人は、勘違いですわ、私もNさんは知らないとのこと。
どっと疲れがでてしまいました。
「この裏あたりに新しいマンションやアパート、家も出来ているのでさがしてみたら」と言われ、あまり期待もせず、疲れた足を引きずりながら一軒一軒覗き込みました。
最後の家から道路が見え、もうないねと戻ろうとしたとき、その最後の家にNさんの表札が!!

「あったぁ!」

その声に驚かれたのでしょうか、Nさんの家の人が出て来てくれました。

「○○地の空き家のNさんでしょうか?」
「そうですが・・・義父がなくなって空き家になっています」
「これこれで家の猫が入り込んでしまったらしいのです」
「そういえば、日曜日に主人が植木を刈に行っていましたね。その時に入ってしまったのかしら。可哀そうに・・・すぐ行きますね」


IMG_6885 (450x334).jpg


よかった!よかった! いい人でよかった。
私たちが家の戻ったころ、Nさんのお嫁さんはすでに来ていてくれて玄関の鍵が開けられていました。
急いでピー! ピー!と呼びながら家の中へ行ったのですが、ピーの声も姿もありません。
確かにこの家の中からピーの声が聞こえていたのです。
まだ人が住んでいた気配を残したままの家の中は物が散乱して足の踏み場もありません。
ここのどこかにピーがいるはずです。見つからず・・・
「開けた時の出て行ったのかも」とNさんのお詫びをして閉めてもらいました。
「気になるので、帰ってきたら連絡くださいね」とNさんが帰っていかれたのですが、その後もピーは帰ってきません。

夕方、再び空き家の前で「ピー」と呼ぶと「ニャー」の声が。
やっぱり中にいるのだと再びNさんに電話をすると、また急いで来てくれました。
今度は私一人が餌を持って探すことにしました。
薄暗い中、ピー! ピー!
奥の方からニャーの声。一階の押入れの奥の方から声が聞こえます。
手を入れて探るとピーのやわらかい身体に触れました。
ようやく見つけました。ようやく救出。ようやく心からホッ!

抱えられたピーはキョトンとしていました。
そのまま家まで一走り、ピーは無事に帰還できたのです。

Nさんには本当にお世話になりました。
またここにたどり着くまでにお世話になった方々、どの方たちも親身に親切でした。
最初年賀状をさがしてくれたMさん宅に見つかったことを報告「よかったね。どうしたかなと思っていましたよ」と。

町内会長さんからMさん、住居表示の変更を教えてくれた人、交番、薬局のご主人、蕎麦屋さんと点から点につながれたピー救出事件でした。

大変だったこの騒動、今傍にいるピーを見ると、思わず頭をこつん。

しばらくは外出禁止です^^

IMG_4966 (400x292).jpg


nice!(27)  コメント(24) 

4月の通信隊 緑色の風景 [深谷通信隊の四季]

IMG_6819 (550x408).jpg

慌ただしく日々が過ぎていきます。
通信隊はどこを見ても緑一色
緑色の絵具だけで描くことができる風景です。

いつもの年ならこの風景に癒しと歓びを感じるところですが
今年は熊本地震で見せつけられた自然というものの
計り知れない大きな力の前に言葉が見つかりません。



IMG_6815 (500x368).jpg






IMG_6557 (450x328).jpg



IMG_6514 (550x413).jpg



IMG_6668 (550x413).jpg



IMG_6565 (500x370).jpg




IMG_6715 (450x338).jpg



IMG_6677 (450x338).jpg




IMG_6845 (250x187).jpgIMG_6841 (250x188).jpg




IMG_6696 (550x411).jpg






IMG_6785 (550x413).jpg


桜があっという間に散り 草の花も 木の花も次々と咲き出しました。
年度替わりということもあって仕事もちょっと忙しく
家に帰るとTVを見ながらいつの間にかこっくりこっくり^^

今ひとつ気持ちが乗らないまま 撮った写真がどんどん溜まっていきます。
何とか4月の写真は残したいと急ぎUPです。
皆様のところへもとんとご無沙汰ですが、またゆっくりお邪魔させていただきます。

nice!(24)  コメント(33) 
共通テーマ:日記・雑感

4月の通信隊 桜満開  クロネイ逝く [深谷通信隊の四季]

IMG_6475 (550x413).jpg


IMG_6499 (400x299).jpg



IMG_6482 (550x413).jpg



IMG_6484 (450x337).jpg



IMG_6470 (550x406).jpg



IMG_6477 (550x413).jpg



IMG_6465 (550x413).jpg



************************************

3月の最後の日 クロネイが旅立ちました。
具合が悪そうだと気付いてから3日目、あっという間に逝ってしまいました。
糖尿病と診断されてから1年6ヵ月、毎日朝夕インシュリンを打っていましたが、
誰よりも食欲があり元気でした。

畑のネットに絡まっていたところを保護して8年目。
他の猫と群れることなく、グルメで気位の高い雌の黒猫でしたが、
誰よりも甘え上手でした。
あまりにあっけなく逝ってしまったので、
まだクロネイ(普段はクーチャンと呼んでいました)がここにいないことに慣れません。


dc112804.JPG


dc090613.JPG



IMG_6065 (450x337).jpg


          一番最近の写真です。
          こんなに目力があったのに・・・。


nice!(23) 
共通テーマ:日記・雑感

3月の通信隊 緑の草地を歩く [深谷通信隊の四季]

春分も過ぎて 横浜でも今日桜の開花が告げられました。
通信隊の桜はまだ一輪二輪がぽちっと咲いている状態
満開になるのはいつでしょう。

草地となった畑の跡地に水仙が遠くまで咲いていました。

IMG_6338 (550x413).jpg


IMG_6342 (450x338).jpg


             ダイちゃんはシャンプーに行ってきたばかりで
             毛並みがつやつやです。             
             10歳近くになって、だいぶ歩く速度が遅くなりました。
             赤い首輪が似合うイケメンワンです。


IMG_6335 (450x335).jpg

畑だった草地は 一雨ごとに緑が濃くなります。


IMG_6294 (550x412).jpg


IMG_6409 (550x408).jpg


IMG_6325 (450x337).jpg


IMG_6330 (450x338).jpg



IMG_6355 (450x337).jpg


IMG_6343 (450x337).jpg


         走る人

         かなりのご高齢の方でしたが 
         そのファッションが目を引きました^^


IMG_6296 (550x404).jpg


IMG_6346 (550x413).jpg


IMG_6391 (550x406).jpg


               空も雲も春めいてきて
               タンポポが咲き出した通信隊
               空高く雲雀の声が響き渡ります

               春が来たのですね〜♪


IMG_6287 (550x412).jpg


  ************************************

             通信隊で摘んできた春の花
           
IMG_6359 (450x327).jpg



************************

最近はまっていること。
麻雀です^^

メンバーが足りなのでちょっとでいいからと誘われ
そんなに興味はなかったのですが、これがどうでしょう! 
はまってしまいました^^

脳トレだと思って楽しんでいます。


IMG_4943 (350x262).jpg
nice!(35)  コメント(30) 
共通テーマ:日記・雑感

3月の通信隊 3・11 [深谷通信隊の四季]

水温む(ぬるむ)春と言いたい日もありましたが
今日は一転して真冬の冷たい雨
本当の春が来るまでは三寒四温ということでしょうか。

通信隊跡地も一雨ごとに水を含み
様々な命の営みが始動し始めています。


IMG_6120 (550x413).jpg


IMG_6121 (450x338).jpg



IMG_6113 (450x334).jpg



IMG_6147 (450x338).jpg



IMG_6274 (550x413).jpg





IMG_6159 (250x187).jpgIMG_6160 (250x188).jpgIMG_6157 (250x188).jpgIMG_6158 (250x184).jpg

チューニャンは無事に冬を越しました。
強いなぁ〜 野生の猫は(もっとも餌の心配はなかった訳で)!
日当たりのいい草地でゴロリゴロリ


IMG_6260 (550x413).jpg



IMG_6136 (450x333).jpg


IMG_6218 (450x337).jpg



IMG_6165 (450x331).jpg





IMG_6272 (550x413).jpg



IMG_6188 (550x409).jpg

今日は東日本大震災から5年目。
あの日、ホームで利用者さんたちを最後の一人まで家に送り終え
妙に静かな夜道を歩いて帰ったことを思い出しました。
月が煌々と人けのない道を照らしていました。
家に帰ると、TVから津波の映像が・・・
あの中でたくさんの人が被災していると思いながら
これが現実のこととは信じられない気持ちでした。

5年の月日。
あの日のことは誰もが忘れてないと思います。

少し残念なことは、原発事故も含めてあの大震災を経験したことで
日本が変わるきっかけになったのではないかと思えたのですが
結局は何も変わらず、変わらないところか、
政治の方向が逆戻りしているような気さえすることです。

あの震災で、誰もが過剰な豊かさなどいらないと思ったはずでした。
5年目の今日
各メデァの特集は、またそのことを考えさせてくれるのではないでしょうか。

一日も早く本当の復興をと願うばかりです。
nice!(26) 
共通テーマ:日記・雑感

2月の通信隊 春をさがして [深谷通信隊の四季]

2月も半ば
冬枯れ一色だった通信隊も日に日に春めいてきました。
通信隊は、鉄塔が撤去された後は特に大きな変化はありません。
通信隊猫のチューニャンに餌を運びながら春さがし。
藪の中にひっそりと咲く梅の花に
柔らかい日差しが注いでいました。

IMG_6063 (450x338).jpg


IMG_6018 (550x413).jpg


IMG_6008 (450x315).jpg


          一枝折ってクロネィに張り付けてみました^^


IMG_6024 (550x403).jpg


IMG_6073 (450x337).jpg


               仲良しカラス


IMG_5854 (550x413).jpg


IMG_6047 (450x327).jpg


            チューニャンは何とかこの冬を通信隊で越せそうです。
            厳しい寒さの中で精悍な顔つきに(女の子なのですが^^)


IMG_6064 (450x338).jpg




IMG_6022 (550x413).jpg


IMG_5876 (500x369).jpg



IMG_6028 (550x413).jpg


IMG_6036 (450x338).jpg


IMG_6030 (450x323).jpg



IMG_5885 (550x402).jpg


         朝夕の空もやさしい色合いになってきました。

         職場の窓から見える河津桜もつぼみをほころばせてきました。
         この土日の暖かさで一気に咲き出すことでしょう。
         あっという間に春ですね〜♪

IMG_5796 (550x411).jpg


※俳句の書は、書道教室の先生が手本として書いてくれたものです。
 私は手本というよりも家に飾るためにもらってきます^^

****************************************

<最近読んだ本>


猫のいる日々: 〈新装版〉 (徳間文庫)

猫のいる日々: 〈新装版〉 (徳間文庫)

  • 作者: 大佛 次郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2014/08/01
  • メディア: 文庫


75年の生涯に500匹以上の猫を飼ったというのだから、猫好きだったのだろうと思うが
このエッセイ集は淡々と日常での猫との関わりが書かれていてさらりと読めた。 
「人間の生活同様、多種多様な猫の形を書いている」と解説に書かれていたが、文学として
読めるのがさすがだと思う。




渥美清句集―赤とんぼ

渥美清句集―赤とんぼ

  • 作者: 渥美 清
  • 出版社/メーカー: 本阿弥書店
  • 発売日: 2009/10
  • メディア: 単行本


渥美清が俳句を書いていたと聞いていたが、たまたま図書館にあったので借りてみた。
どこか寂しく、どこか優しく
渥美清という人間が少し理解できるような句だった。



その羽であの空飛んだか置物の鷹

氷柱ほそく誰もいない水車小屋

山茶花くずれヒールすぎゆく

夢で会うふるさとの人みな若く

風ぬける垣根の隅に紙の雛

たけのこの向こう墓あり藪しずか

芋虫のポトリと落ちて庭しずか

赤とんぼじっとしたまま明日どうする

お遍路が一列に行く虹の中

IMG_5870 (500x354).jpg

nice!(26)  コメント(35) 
共通テーマ:日記・雑感

1月の通信隊 冬枯れ [深谷通信隊の四季]

IMG_5426 (550x409).jpg

      冬の通信隊はどこか絵画的、点と線の風景が広がります。

      おだやかな日差しが小さな森にも差し込んでいました。


IMG_5239 (550x413).jpg


IMG_5368 (550x413).jpg


       まだ通信隊で元気に過ごしているチューニャン
       このまま無事に冬を越してくれればいいにだけれども。

IMG_5142 (550x413).jpg



       早朝、枯れた草地が霜で真っ白になります。
       その中を新しいモグラ塚が黒々と小さな山を連ねます。

IMG_5460 (550x413).jpg


       通信隊のフェンスの中の廃屋
       かつては米軍の関係者が住んでいた建物や倉庫が点在しています。
       プールも草に埋もれたまま。
                    
IMG_5453 (450x338).jpg



       畑跡に投げ捨てられたスコップ
       錆びて曲がっていました。
       たくさんの人が耕作していた畑を返して一年
       通信隊はすっかり草の原です。

IMG_5464 (450x329).jpg



       ん? ニワトリ?
       近づいてみると赤く目印が塗られた杭でした^^
       そういえば、今年冬はキジの姿が見られないなぁと思いました。
       畑もなくなって、キジが隠れる場所がなくなったせいかもしれません。

IMG_5123 (450x338).jpg




       この日の朝は見事な朝焼けが見られました。
       この写真もほんの一瞬
       刻々とその色合いを変えて行く様子にしばし見とれました。

IMG_5419 (550x413).jpg



暖冬と言われている今年の冬
それでも、ピーンと空気が張りつめた中を歩くのは気持ちがシャキッとします。

予報によると明朝は雪だとか
大丈夫かなぁ・・・
というのも2年前、雪道で骨折して大変な思いをしたのです^^;
無事に職場に行けますように。


(1月18日 追記)

IMG_5469 (500x373).jpg


目が覚めたらかなりの積雪でした。
何度も外に出て、歩けるかどうか雪の状況を確認しましたが
職場までの道は坂道が多くて、やっぱり自信がなく休みをもらうことに
情けないことです^^;

***************************************

我が家のジュラシックパークです^^

IMG_5465 (357x500).jpg



年末に押入れを片付けていたら出て来た恐竜たち^^
ひさしぶりにお目ざめです。
よく見るとけっこう可愛い^^

IMG_5446 (250x185).jpgIMG_5445 (250x185).jpgIMG_5447 (250x182).jpgIMG_5449 (250x185).jpg

nice!(32)  コメント(32) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年 1月の通信隊  [深谷通信隊の四季]

IMG_5269 (550x404).jpg


明けましておめでとうございます


本年もどうぞよろしくお願いいたします


2016年(平成28年) 元旦



IMG_5228 (550x409).jpg


IMG_5229 (400x300).jpg




IMG_5136 (400x299).jpg


IMG_5104 (550x413).jpg




IMG_5186 (450x338).jpg




IMG_5196 (550x409).jpg

暖かいお正月ですね。
枯れた草地にモグラ塚が目立つようになりました。
シンボルの鉄塔がなくなった通信隊は、やはり物足りない風景となりましたが
今年もまた、ここ横浜市のはずれにある深谷通信隊跡地の四季を記録しようと
思っています。
同じような風景になりますが、お付き合いをよろしくお願いします。

nice!(27) 
共通テーマ:日記・雑感