So-net無料ブログ作成

その日の青空 [詩]

 
dc100510.JPG

        明るい日の記憶があって
        水引草は
         いつでも夏の終わりを
         美しく演出する
        そう あの日
        不意に言葉が途切れ
        私たちは立ち止っていた


         ひとしきり
         風が吹き

         森は
         ひとつの世界に閉ざされる

dc100509.JPG

         私たちがためらいがちに
         唇を重ねたとき
         杉木立の奥で
         いっせいに水引草が揺れ
         どこまでも神寂びた静けさの中で
         ひっそりと
         秋の花々の
         饗宴が繰り広げられていた
         ハギ ミゾソバ ツリフネソウ リンドウ ノコンギク
         私たちの影は
         花々の中に映し出され
         たちまち
         官能の宴に曝される


         宴は
         やがて終焉を迎え
         森は
         光を誘い
         私たちに
         その日の青空を
         記憶させる


dc100520.JPG

水族館 [詩]

    

 

           日照りが続いて
           ひび割れた道を
           パラソルをさして歩いて行く

           入口に人はいたのだろうか
           静けさに
           (数万匹の性を孕んだ夏)
           遮断されたガラス張りの通路に
           海の
           明るい日射しが投げ捨てられて
           それは たちまち
           背後に潜む無数の魚たちに絡みつく
           整然と泳ぐ彼らの
            (見開かれたまま 夏の)
           おびただしい眼が
           やがて奇妙な世界へ駆り立てる

 

     

           
           海に
           光があふれ
           刹那
           女のトルソーが
           魚たちと交わっている

           道は
           どこまでも真っ直ぐで
           花いばらが這っている

 

    

 


 (2008年1月19日 葛西臨海公園にて)

  久しぶりに水族館に行きました。
  小さい頃 夏に 海辺の小さな水族館に連れて行ってもらったことがあって
  その時の印象が ずっと残っていて
  私のなかで 水族館は いつでも 特別な場所です。

         

 

      勝手ながら ナイス・コメントはなしということで ごめんなさい (^-^;)        



共通テーマ:日記・雑感