So-net無料ブログ作成
検索選択
小さな旅 ブログトップ
前の3件 | -

鎌倉紀行 東慶寺 [小さな旅]

秋になるとふっと鎌倉を訪ねてみたくなります。
久しぶりに北鎌倉のホームへ降りました。
連休明けのせいか 思っていたよりも静かな鎌倉でした。
円覚寺をさらっと周り  東慶寺に。

IMG_1493 (297x400).jpg

東慶寺の11月の花こよみは竜胆
薄紫色のいかにもひっそりとこのお寺に似合います。

IMG_1502 (550x413).jpg



IMG_1486 (400x300).jpg



IMG_1498 (550x413).jpg


IMG_1511 (450x326).jpg


野葡萄
この色合いが好きです。
秋は紫の花や実が多いですね。

IMG_1500 (400x295).jpg


今回びっくりしたことは外国の方が大勢いらしたことでした。
大勢と言っても団体で来ているということではなく ご夫婦や若いカップル 
女性同士とゆっくり歩きながら写真を撮り 日本の秋を心から楽しんでいる風でした。



IMG_1506 (500x354).jpg



IMG_1509 (450x333).jpg

入口の喫茶店でコーヒータイム
昼近くの店内でしたが 客は誰もいなくて
ゆったりと 鎌倉時間(?)を楽しむことができました。
といっても 話していることはとても日常的なことでしたが^^

IMG_1512 (450x327).jpg



IMG_1513 (250x188).jpg




亀ヶ谷坂切通
IMG_1528 (550x413).jpg




IMG_1504 (500x371).jpg


IMG_1527 (550x413).jpg



IMG_1535 (500x375).jpg

削り取られた岩が苔むしています。
急勾配の坂道から上を仰ぎながら タイムスリップした旅人気分^^
そういえば 去年は名越切通を歩いたなぁと思い出しました。
切通はいかにも鎌倉ですね。


家から1時間もかからず行ける鎌倉ですが
いつも小さな旅をした気分になります。

IMG_1518 (300x221).jpg




さすが鶴岡八幡宮は大勢の人人人
違った気分で鎌倉に来たと実感です。

それにしても鎌倉に来ている人たちの それぞれの幸せそうな笑顔
観光できるということは余裕があることなのでしょう。

今回は14000歩、帰りは足を引きづりながら駅まで^^

IMG_1547 (500x374).jpg


***************************************

いつものことながら バスを降りて通信隊に立つとホッとします^^

IMG_1438 (550x408).jpg

nice!(22)  コメント(30) 
共通テーマ:日記・雑感

巡礼古道  鎌倉紀行 [小さな旅]

前回からの続きです。

まんだら堂やぐら群から 尾根道を歩き 一旦住宅街(逗子ハイランド)に出ます。
その後 再び山道に入ると 『巡礼古道』 の看板がありました。
報国寺裏までの15分くらいの道のりでした。

まんだら堂やぐら群には たくさんのやぐらが一堂に集められていましたが
この道沿いには ところどころに 木々に覆われるようにポツンポツンとやぐらが見えます。
街中に墓を作ることが禁じられた鎌倉時代
人々はこうした山の中に横穴を掘り 埋葬したしたという やぐら跡


dc120776.JPG


dc120761.JPG


dc120764.JPG



道すがらには 「庚申塔」と掘り込まれた石塔が数多く立て掛けられていました。
「巡礼古道」
その名のとおり どこかしこに死者の魂が漂っているような気がしました。

dc120771.JPG



dc120768.JPG



dc120765.JPG


dc120766.JPG



dc120782.JPG

出口近くの岩場にお地蔵様が立てられていました。
顔はすっかりすり減っています。
時代の中で命を落とした人々への鎮魂でしょうか。
死者の谷と言われるこの地の浄化を引き受けているのでしょうか。
優しい光をまとったその姿に 思わず手を合わせます。

dc120779.JPG



dc120781.JPG



dc120786.JPG

「巡礼の古道」を降り切り 報国寺の裏手にたどりつきました。
不思議な時間の中を通って来たような気分
この明るい紅葉が現実に引き戻してくれるようでした。

dc120790.JPG


何の予備知識もないまま入りこんだ今回の小さな旅
ちょっと感傷的な記事になってしまいましたが 印象に残る場所でした。

そして 後から聞いた話
この切り通しに入るところの「小坪トンネル」は心霊スポットで有名だということを聞きました。
えぇ~・・・・  また歩いてみたいと思っていましたが ひとりで歩くのには・・・?
nice!(17)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

まんだら堂やぐら群を訪ねて [小さな旅]

12月7日(金) 風もなく穏やかな冬日に

午後から時間が取れたので 以前e-g-gさんのブログで見せていただいた
「まんだら堂やぐら群」 が公開されているというので見に行ってきました。


<後で調べてみたコース>  (ひたすら歩き続けました)

逗子駅からバス → 小坪入口(トンネル) → 名越切通 → まんだら堂やぐら群  →お鼻猿大切岸→ 逗子ハイランド → 宅間山 → 衣張山 → 巡礼古道を通って  → 報国寺 → バスで鎌倉へ  

                   約2時間のハイキング
                   歴史的なことなど 何の知識もないまま訪ねましたが
                   思いがけずいい時間を過ごすことができました。


dc120750.JPG



dc120708.JPG


<名越切通>

dc120719.JPG

鎌倉時代 逗子と鎌倉をつなぐ要路だったとか
切り立った大きな岩間の山道は落ち葉で埋まり
むき出しになった木々の根が岩に張り付いていました。
行き会う人の姿もなく 
かつてここを通り抜けたであろう中世の人たちに思いを馳せながら

何度も行ったり来たり^^



dc120711.JPG
                         鎌倉側から見た切通



dc120714.JPG
                       逗子側からの切通への道


dc120715.JPG


dc120705.JPG


                     苔むした岩 落ち葉に埋もれる石段 
                     木々でうっそうとしているのに 日射しは妙に明るく
                     ひっそりと咲くアザミの花が 光の中で輝いていました。


dc120788.JPG


さて 目的の まんだら堂やぐら群

残念ながら公開は土日に限っていて この日金曜日は門が閉ざされていました。
金網越しにいくつものやぐらが見えます。
やぐらは数段に重なっていて山際の土手にたくさんの石穴が見えました。
にわか知識ですが ここには刑場もあったとか頭蓋骨だけの骨なども発掘されているそうです。
名もなき人たちが葬られた墓地群
この谷は死者の魂を見守ってきた場所だったのです。

dc120726.JPG



 

dc120753.JPG


dc120751.JPG




<二基の 石廟>

dc120730.JPG

火葬した骨壺を納めていたという
どんな人が どんな経緯で この石廟に納められたのだろう
そして その骨の行方は・・・
この石廟の中を 数百年の風が吹き抜けて行っていることを思うと 
不思議な感慨に襲われます。

dc120732.JPG


まんだら堂からの山道は いかにも鎌倉の道という感じで
狭い尾根道が続きます。

dc120741.JPG


      時々視界が広がり ようやく紅葉した木々の間から遠く海が見えます。
      思わずふぅ~と息を吐き出したい気分になりました^^

  
dc120740.JPG
  

       この後 <巡礼古道>を辿りましたが それはまた次回に・・・   (続く) 



                           
nice!(17)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | - 小さな旅 ブログトップ