So-net無料ブログ作成

12月の通信隊 赤い実 [深谷通信隊の四季]

IMG_4776 (450x328).jpg



IMG_4940 (293x400).jpg


通信隊の植木屋跡にヒヨドリジョウゴの実が残されていました。
つややかな赤い実はまるで宝石のようです。
その美しさに、思わず両手いっぱいに積んできてしまいました。
その実を飾ってささやかなクリスマス気分^^



IMG_4920 (550x411).jpg


IMG_4928 (400x300).jpg



IMG_4970 (400x296).jpg




IMG_5015 (400x295).jpg





IMG_4930 (400x299).jpg



2015年12月19日
この日、長い間通信隊跡地のシンボルだった鉄塔が完全に姿を消しました。
金網越しに、取り外された鉄塔が積まれているのが見えます。
思わず「さよなら」と^^




IMG_5029 (550x411).jpg

通信隊のはずれにある小さな森もようやく色づきました。
裸木の下は落ち葉があふれ、カサカサと冬の音がします。

IMG_5064 (338x450).jpg




IMG_4933 (550x413).jpg

日ごと富士山の雪模様が変わって行きます。
それにしてもこの時期真っ白にならない富士山は珍しいのではないでしょうか。
暖冬を実感します。

IMG_5026 (550x407).jpg


***************************************

最近、読んでみたらと薦められた本

星野道夫さんの『旅をする木』

星野道夫さんはアラスカでクマに襲われて亡くなった動物写真家としか
知識がありませんでしたが、さらさらと読み始めるとあっという間に
星野さんの世界に取り込まれてしまいました。
アラスカという過酷な環境の中でも、人や動物に対するどこまでも優しい眼差し
文章の一行一行に込められている大自然への畏敬のこころ
澄み切った静寂の中で見上げる満天の星空
孤高に生きるアラスカの野生動物たち
どこを読んでも詩情あふれています。

こんな生き方をしていた人がいたのですね。


旅をする木 (文春文庫)

旅をする木 (文春文庫)

  • 作者: 星野 道夫
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1999/03
  • メディア: 文庫



nice!(27)  コメント(37) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 27

コメント 37

yoriko

赤い実はヒヨドリジョウゴと言うのですね
ツヤツヤして美味しそうですが食べられるのでしょうか
可愛いアレンジがクリスマスの飾り付けにピッタリです☆

昨日お天気が良かったので私も富士山を見ました
上の方しか見えないので真っ白な富士山だと思いましたが
全体に雪が覆っていないようですね。
富士山は本当に美しい山で見る度に心が洗われます。




by yoriko (2015-12-21 22:02) 

mimimomo

おはようございます^^
素敵素敵! こんなセンスがある方が羨ましいわ。
猫ちゃんは木で出来ているのかしら。お色が良くって赤い実とマッチしますね♪
とうとう鉄塔が無くなりましたか(__; 風景が変わっていきますね。
星野道夫さん、わたくしも詳しく知りません。「旅をする木」ですね。探してみます。
by mimimomo (2015-12-22 06:37) 

未来

ヒヨドリジョウゴの赤い実を部屋に飾られると、
まるで生け花のように美しく輝いて見えますね。
猫ちゃん人形?が傾いた椅子に座り、それを引き立てています。

富士山が日常の暮らしのなかで観れるなんて幸せですね。
by 未来 (2015-12-22 06:40) 

斗夢

鉄塔が無くなって景色が一変しましたでしょうね?
星野道夫さんの本、文庫本を一冊だけ持っているのですが
本棚のどこに入っているやら・・・書名も忘れました^^。
by 斗夢 (2015-12-22 08:17) 

toro

鉄塔がなくなって、本来の姿に戻ったということなのでしょうね。
鉄塔が建ったとき、そして鉄塔が壊されたいま、風景の変化に
思いを馳せてしまいます。
アラスカは素晴らしいところですよ~。
若い頃、2回ほど行ったことがあるのですが、何もなくてね^^;
過酷な環境だとは思うのですが、だからこそ残されているものが
あるのだろうと感じました。
星野さん、素敵な生活をされていた方だと思います。
by toro (2015-12-22 08:32) 

夏炉冬扇

森の形が魅力的です。
千両・万両も実をつけてます。
by 夏炉冬扇 (2015-12-22 08:33) 

はてみ

とうとう鉄塔はぺちゃんこになりなくなってしまったのですね。そのときの寂しさいかばかりかと思います。
星野道夫さんは、私の好きな梨木香歩さんのエッセイのカバーにその写真が使われており(『春になったら苺を摘みに』『水辺にて』)、『水辺にて』では本文でも星野さんについて触れられていたので、いつか著書を読んでみたいと思っていました。この冬休みの楽しみにしようかな(^^)
by はてみ (2015-12-22 12:53) 

タックン

yorikoさん こんばんは。
マルちゃんの目はいかがですか?
早くよくなるといいですね。
ヒヨドリジョウゴ、私も今年初めて知ったのですが、赤い実がつやつやと本当にきれいでした。
美味しそうに見えても毒性があり食べられないとか。
yorkoさんのところからも富士山が見えるのですね。
きれいな富士山が見える日は思わず拝みたくなります^^
by タックン (2015-12-22 20:18) 

タックン

mimimomoさん こんばんは。
ありがとうございます^^
何とかこの赤い実を活けてみたいとあれこれ奮闘しました^^
ニャンコはどこかアジアの国からやってきた木製で手足も動かせるのですよ。

鉄塔がなくなった通信隊は、ただ広いだけの空き地になってしまったようで、まだその風景に馴染むことができません。

『旅をする木』読んでいてとても優しい気持ちになった本でした。機会があったら是非!
by タックン (2015-12-22 20:34) 

タックン

未来さん こんばんは。
ヒヨドリジョウゴ、藪の中で赤い宝石を見つけた気分でした^^
部屋に飾るとよりその美しさが映えますね。
こんな色を作る自然はすごいと改めて思います。
本当ですね~ 毎日富士山が見られるのが当たり前と思っていますが、とても贅沢なことなのですね。
by タックン (2015-12-22 20:46) 

タックン

斗夢さん こんばんは。
鉄塔がなくなって、その存在がいかに大きかったか、カメラを向けても何か物足りません^^;
やがて、ここが通信隊跡地だったことも忘れられるのでしょう。
星野道夫さんの本を読んでらしたのですね!
私は薦められなければ読むことがなかったかもしれません。
出会えてよかったと思えた本でした。
by タックン (2015-12-22 21:19) 

タックン

toroさん こんばんは。
そうですね〜 この鉄塔が建てられた経緯がありますね。
最初は日本の通信施設だったとか、米軍が駐屯していた時に中で行われた夏祭りに行ったこともありました。
地域住民に開放されたのはいつ頃だったか、家庭菜園や散策などある意味恩恵を受けてきました。
それらをこの鉄塔は見つめてきたのでしょうか、なくなることでまた時代が変わって行くのでしょう。
そうですか! アラスカに2度も!
すごいですね〜 toroさん!
私もこの本を読んで、キンキンとした静寂の中で満天の星を見て見たいと思いました。
この星野さんの本は、その気分を味わせてくれますね。
by タックン (2015-12-22 21:35) 

タックン

夏炉冬扇さん こんばんは。
この森は本当に小さな森なんですよ。
少しずつ伐採されてきて、いずれはなくなるのでしょう。
万両、千両、我が家も小さな実をつけています。
この実が見られると新しい年がくるのを実感しますね。
by タックン (2015-12-22 21:42) 

タックン

はてみさん こんばんは。
少しづつ鉄塔が剥がされて行くのを見ているのは辛い気持ちでしたが、なくなってしまうとどこかホッともしています。
それでも毎日なくなったはずの鉄塔を風景の中に見つけています^^
梨木香歩さんの本のカバー 星野さんの写真だったのですか! 星野さんの写真はあまり見ていないのですが、アラスカの動物たちを撮っている写真家とばかり思っていました。
カバーの写真、美しい写真ですね〜
星野さんの文章もとても素敵です。
by タックン (2015-12-22 21:54) 

きよたん

冬に見つけた自然の赤い実
お家の中もクリスマスらしく華やかになりますね。
鉄塔の無くなった通信隊跡地の小さな森とっても
美しい景色です。
冬枯れも良いですね
by きよたん (2015-12-23 16:48) 

タックン

きよたんさん こんばんは。
冬の野山を歩くと、案外赤い実が目につきますね。
その中でもヒヨドリジョウゴは、ひときわ鮮やかです。
通信隊もようやく木々が色づき、そう冬枯れの風景が見られます。小さな森ではリスたちの鳴き声がにぎやかです。
by タックン (2015-12-23 21:27) 

mimimomo

おはようございます^^
さっそく一昨日、図書館に行ってみましたらありました「旅をする木」。借りてきましたよ。ここのところちょっと忙しくバタバタしているので、今50ページのところ^^
自然の描写やそれを愛する心がしみじみ伝わってきて、アラスカに行きたくなります(^^
by mimimomo (2015-12-24 06:52) 

タックン

mimimomoさん こんばんは。
わぁ〜早速手にしていただいたのですね^^
ありがとうございます。
星野さん 人へも自然へもどこまでもやさしい眼差しがありますね。
未知の地 アラスカ ちょっと憧れます。
そのアラスカを旅するmimimomoさんが想像できるのは何故でしょう^^
by タックン (2015-12-24 20:59) 

mimimomo

こんばんは^^
良いご本をご紹介いただいてありがとうございました。
読み終えました。いろいろ感想はありますが宇宙は巡る。
それに安易に人のことを批評したりは慎まねばならないと。
星野さんが亡くなられた時、わたくし自身、ご本人を全く存じ上げなかった。なのにその「亡くなり方」が理解できず「どうしてそんな無茶な」っと思ったものでしたが、今はわかる気がします。
by mimimomo (2015-12-25 18:18) 

タックン

mimimomoさん こんばんは。
わざわざありがとうございます^^
私も薦められて手にした本でしたが、星野さんの世界を感じることができて良かったと思っています。
池澤夏樹さんの解説にも書かれていましたが
「彼の人生があの時点でクマとの遭遇によって終わったことについては、たぶん自然の側に、霊的な世界の側に、なにか大きな理由があったのだ。たぶん彼自身、よく納得していることなのだ。あの時点での彼の死はどんな意味でも理不尽なものではなかったのだ」と
星野さんの人生はアラスカで完結したのでしょう。
今度は星野さんが残した写真を見て見ようと思っています。
by タックン (2015-12-25 20:14) 

そらへい

山や家々の庭先で今は赤い実をよく目にしますね。
みんなよく似ていて覚えるのが大変です。
ヒヨドリジョウゴ、いかにもヒヨドリが好きそうな赤い実ですね。
家のナンテンの実はいつもヒヨドリに全部食べられてしまいます。
こちらも琵琶湖対岸の比良山系が冠雪するのが
記録的に遅かったそうです。
星野道夫さん、書店の棚で写真集を見かけたことがあるくらいです。
すでに亡くなっていることさえ知りませんでした。
by そらへい (2015-12-27 18:25) 

タックン

そらいさん こんばんは。
冬の野山では枯れた木々の中に赤い実が目に付きますね。
鳥さんたちへの目印なのでしょうか^^
私もほとんど名前はわかりませんが、このヒヨドリジョウゴだけは覚えました。調べてみるとあまり美味しい実ではないようで、ヒヨドリもそんなに食べないそうです^^
やはりそうですか、暖冬は全国的な現象なのですね。
暖かい冬は有難いですが、これが異常気象によるものなら喜んでばかりはいられませんね。

星野道夫さん 私も薦められて初めて読みました。
久しぶりに静かな感動を覚えました。
by タックン (2015-12-27 20:11) 

トリエル

ヒヨドリジョウゴというのですね。
赤くて少し透き通って居て綺麗な実ですよね。
「通信隊の植木屋跡」というネーミングもなんだかステキ。

タックンさん、写真だけではなく文章も詩心があって本当に素敵です。

鉄塔はついになくなってしまったのですね。。。
消えていく様を、ずっと見ていらしたのですね。。。

広大な跡地には何が出来るのでしょう?
自然が残るといいけど。。。

by トリエル (2015-12-28 20:28) 

タックン

トリエルさん こんばんは。
ヒヨドリジョウゴ 本当に赤い宝石のようにきれいでした。
葉っぱが枯れても実のつやつやはそのまま、しばらく楽しめそうです。

鉄塔 ついに消えてしまいました。
一本一本と剥がされて行く様子がなんだか切なくて・・・
でももうすっきりしました^^
こうなったら早く新しい通信隊跡地に変わって欲しいです。

今年もいよいよ残り少なくなりましたね〜
トリエルさんはどんな一年でしたか?
来年も楽しいお付き合いをよろしくお願いしますね^^
by タックン (2015-12-28 21:34) 

sakamono

宝石のような、というご意見に同意します。
飽かず眺めていられるようです(ちょっと言い過ぎでしょうか^^;)。
広々とした通信隊の写真、少しばかり寂しい気もします。
by sakamono (2015-12-29 21:32) 

タックン

sakamonoさん こんばんは。
赤い実「宝石のように」ご同意をありがとうございます^^
本当につやつやときれいでした。
今は実だけをガラスの器に入れて楽しんでいます。

鉄塔がなくなった通信隊は、冬枯れの風景がより寂しさを募らせます。カメラも出番が少なくなりました^^;
by タックン (2015-12-30 18:43) 

レイン

赤い実はほんとうに宝石のようですね。
通信隊の鉄塔もなくなってしまいましたか。
今年はタックンさんとお会いできた記念すべき年です。
一年間お世話になり、ありがとうございました。
どうぞ健やかな佳い年をお迎えください。
by レイン (2015-12-31 09:05) 

タックン

レインさん こんばんは。
今度お会いした時は、ゆっくりとお話ができるといいですね。また素晴らしい写真集をありがとうございました。
レインさん家は何かおめでたいことがありそうな新年ですね♪
どうぞ佳い新年をお迎えください。
by タックン (2015-12-31 17:31) 

moz

旅をする木、興味をひかれました。読んでみたいと思います。ご紹介ありがとうござました。 ^^
赤い実はヒヨドリジョウゴなんですね、ほんとルビーみたいで、サクランボのようですね。
かさかさと冬の音ですね ^^
本年も素敵な写真、楽しい記事をありがとうござました。
来年もどうぞよろしくお願いします m(__)m
by moz (2015-12-31 17:49) 

mimimomo

明けましておめでとうございます♪
どんな新年をお迎えですか~わたくしは久しぶりに自宅での新年。家族で映画を見に行きました「海難」です。とても良い映画でした。滂沱の涙。
by mimimomo (2016-01-01 18:28) 

タックン

mozさん こんばんは。
明けましておめでとうございます。
今年もお付き合いをよろしくお願いします。
「旅をする木」是非!
写真はもちろん、文章にも惹きつけられました。

遅い紅葉もようやく終わって、見上げると枯れ木が美しい季節となりました。ザクザク落ち葉の音が心地よく響きます。
by タックン (2016-01-01 20:12) 

タックン

mimimomoさん こんばんは^^
改めまして、今年も楽しいお付き合いをよろしくお願いします。
お出かけにならなかったのですね^^
我が家もいつもの年のようにのんびりお正月です。
mimimomoさんを滂沱の涙へと誘った「海難」気になります。日本赤十字社の活躍もあったのですね。
う〜ん 見に行きたいなぁ〜。
by タックン (2016-01-01 20:28) 

水郷楽人

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします。(^_-)-☆。。
by 水郷楽人 (2016-01-02 09:46) 

nakasama

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
暖か〜いお正月ですね。
お正月の富士山の景色が何だか初夏のようで、お正月という気になれずに困っております。
by nakasama (2016-01-07 10:09) 

タックン

nakasamaさん こんばんは。
改めて今年もお付き合いをよろしくお願いいたします。
通信隊も、鉄塔が完全に取り外され、その上富士山が
なんとも冬山らしくない姿で、カメラを向けても手ごたえがありません^^;
冬はやっぱりピリッとした空気の中を歩きたいものですね。
by タックン (2016-01-07 21:27) 

moz

明けましておめでとうございます。
遅れてしまいましたが・・・ ^^;
今年もどうぞよろしくお願いします m(__)m
旅をする木、Amazonに注文しました。届くのが楽しみです。
by moz (2016-01-09 05:34) 

タックン

mozさん 
改めて今年もお付き合いをよろしくお願いします^^
「旅する木」気にかけていただいてありがとうございます。
星野道夫さん、こんな風に生きていた人がいたのだと魅せられました。
mozさんに伝わるものがあればといいのですが・・・。
by タックン (2016-01-09 20:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。