So-net無料ブログ作成

9月の通信隊 ツルボ咲く [深谷通信隊の四季]

何となく身辺がバタバタしていたり、パソコンが不調だったりと
気がつくと9月ももう終わりに近づいています。

9月は、大きな水害、火山の噴火など自然の驚異を改めて感じさせられた月でした。
そして政治状況、一人一人に大きな課題を問いかけられている安全保障関連法。
ブログで「政治の中心に命を置いていただきたい」という言葉を見つけました。
本当にそう思います。


シルバーウィークとか、 どこかしっくりしない呼び方ですね^^
そんなことには関係なく通信隊は、いつもの年のように
ヒガンバナやツルボ、ミゾソバ、ワレモコウなど秋の花が姿を見せています。
寂しいのは、今年はコスモスの花が見られないこと。
花の時期に、すっかり刈り取られてしまいました^^;


IMG_3837 (550x413).jpg


IMG_3641 (550x412).jpg


IMG_3857 (400x300).jpg



IMG_3629 (550x412).jpg


IMG_3568 (550x412).jpg



IMG_3608 (350x263).jpg


IMG_3486 (350x262).jpg

                    通信隊の草を食べつくす(?)赤い草刈り機

      
IMG_3488 (250x188).jpgIMG_3487 (250x188).jpg

通信隊の通路に描かれていた可愛い絵^^


IMG_3594 (400x282).jpg


合歓の木の花びらが水たまりに浮かんでいました。


IMG_3633 (550x413).jpg



IMG_3868 (550x413).jpg

             朝夕の空模様が美しい季節になりました。
             あまりのダイナミックさに言葉もなく
             ただただ立ち尽くしています。


IMG_3673 (550x413).jpg




IMG_3477 (550x413).jpg


IMG_3474 (550x412).jpg



************************************

最近、未來さんのお薦めの本『55歳からのハローライフ』村上龍 を読みました。
村上龍の本は初めてです。
読みながら「ん? 読んだことがあるような・・・」と
そう言えばNHKのドラマになったものを見たことを思い出しました。
そのドラマからも(5つの短編)それぞれの物語に身をつまされたものです。

今回本で読んで、どの物語も現実に起こり得ることで、切ない結末があるのですが
それでも読み終えて、その向こう側に明るい光が見えているような読後感がありました。
人は最終的に 「受け入れる」 ことで
次に進むことができるのだろうと思わせてくれた本でした。

55歳からのハローライフ (幻冬舎文庫)

55歳からのハローライフ (幻冬舎文庫)

  • 作者: 村上 龍
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2014/04/10
  • メディア: 文庫




IMG_3572 (550x393).jpg

nice!(27)  コメント(30) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 27

コメント 30

東雲

こんにちは!
この連休は、良いお天気に恵まれて、何処もかしこも、
人、人、で溢れています。
こう言う時は、家で過ごす方が良いよね…なんて
話してます(笑)

通信隊の初秋の風景、キレイですね!
空の色もこれから益々美しくなりますね!

55歳からのハローライフ、数年前に読みました。
そうそう、ドラマも観た記憶があります。
「受け入れる事で、進む事が出来る…」
そうかもしれないですね。
そうしないと、どうしようもないですもんね…。
母にも、自分の置かれた現実を、
しっかりと受け入れて貰いたいのですが…
by 東雲 (2015-09-22 14:43) 

斗夢

ツルボの群生はすごいですね!わたしが見たのとは雲泥の差!
ニャンコも元気ですね。
村上龍は読んだ記憶がありません、読んで見ようと思います。
by 斗夢 (2015-09-22 15:55) 

タックン

東雲さん こんばんは。
シルバーウィーク 秋らしい気持ちのいいお天気が続いています。
出かける予定もなく、猫たちとのんびりだらり^^
東雲さんもまた忙しい日々が始まりますね。
「受け入れる事で、進む事が出来る…」と言っても
お母様の気持ちになれば、実際は難しいことですよね。
東雲さんのご苦労を思います。
でも一方で新しい命の誕生があって
東雲さんの楽しい役割もありますね^^ 
頑張ってくださいね!

by タックン (2015-09-22 18:46) 

タックン

斗夢さん こんばんは。
ツルボは草刈刈時期とずれたのか、今年はいつもの年より
たくさん咲いて、草むらが遠くまでピンク色に染まっています。
通信隊のニャンは寒くなる前に今度こそ家に入れようと思っていますが、のびのび走り回っている姿を見ると、まだいいかと・・・朝夕餌やりに通っています^^
村上龍、読んでみるとずいぶん印象が違いました。
by タックン (2015-09-22 18:54) 

夏炉冬扇

夕日幻想。
ニャンは何を思う。
by 夏炉冬扇 (2015-09-22 18:58) 

タックン

夏炉冬扇さん こんばんは。
これからの季節は陽の落ちる瞬間
夕景が幻想的になりますね。
思わず見とれてしまいます。
ニャンは 遠くにいる友達カラス(?)を
見つめているのかも^^
by タックン (2015-09-22 20:38) 

きよたん

秋桜は秋の代名詞なのに姿がないのは寂しいですね
あっという間に9月が過ぎていきます
確かに今年は激動の年
自分たちがしっかりこの情勢を認識して行動していかないと
日本はコントロールできないでしょうね



by きよたん (2015-09-23 11:00) 

トリエル

こんにちは。
連休も今日でおしまいですね。。。。
ゴールデンウィーク、シルバーウィーク、ときたら、ブロンズウィークも作れば良いのにと思っています(^^;)
夏季休暇、年末年始休み、があるので、2月か3月位がいいなぁ~(^^ゞ

ニャンの後ろ姿に哀愁が漂って居ますね~ェ(^^)
秋の空は本当にダイナミックで、暗闇に包まれるまで見てしまいます。
by トリエル (2015-09-23 12:11) 

青の風画

爽やかな季節になりました。
力がみなぎってくる景色ですね。
by 青の風画 (2015-09-23 13:36) 

e-g-g

高い雲が夕日に染まる、秋の夕焼けは格別ですね。
他の季節とは違うこの季節の光、
写真のあちらこちらに感じられます。
なんだかしみじみとしてきますね。

『55歳からの〜』、読みましたよ。
何十年ぶり?の村上龍だったでしょう。
作家の “ほぼ実年齢に沿ったテーマ” を扱う姿勢、
これからもウォッチしていきたいです。

by e-g-g (2015-09-23 18:35) 

はてみ

ツルボの花が見事ですね。
カラスを見ているのはチューニャン?
私にとって村上龍の『13歳のハローワーク』が、これを読んで校正者を志すことにしたという1冊です。『55歳からのハローライフ』っていう短編集があるのですね。ワークではなくライフについての物語でしょうか。
by はてみ (2015-09-24 12:49) 

toro

こんにちは。
シルバーウィークはずっといい天気でしたね。
朝晩はひんやりして、秋の訪れを感じていました。
秋の草花も今が一番咲き誇る時期でしょうか。
今年の9月はいろいろと考えさせられる月になりました。
政治や経済を見ていると、別の世界がもう一つあるのではないかと、
そんな錯覚に陥ってしまいます。
年齢を重ねてきている自分でさえも不安を覚えるのに、若い人たちは
どれだけ不安なんだろうと想像し、胸が苦しいです。
とにかく忘れないようにと、思っているところです。
by toro (2015-09-24 17:54) 

タックン

きよたんさん こんばんは。
昨年の今頃はそこかしこにコスモスの花が揺れ
爽やかな秋を感じたものですが
今年は少し物足りない通信隊の秋です。
本当に自分だけ目をつぶっているわけにはいかないと
強く思った9月の出来事でした。
声を出して行かなければなりませんね。
by タックン (2015-09-24 19:27) 

タックン

トリエルさん こんばんは。
ブロンズウィークですか! いいかも^^
「シルバーウィーク」はどうも自分の年齢を意識させられてしまうようで、普通に秋の大型連休でいいのにと思ってしまうのです^^
チューニャンは広い通信隊を独り占め
歳が歳なので寒くなるこれからが心配です。
でもチューニャンと眺める秋の空は、何とも言えない感動の連続です。
by タックン (2015-09-24 19:41) 

タックン

青の風画さん こんばんは。
あの暑かった夏がずいぶん遠くに立ち去りました。
朝夕の空気が爽やかです。
そして静かに深く 
次の季節のエネルギーが満ちてくるのを感じます。
by タックン (2015-09-24 19:50) 

nakasama

また合歓の花がちらほら咲いていますね〜♪
先週見かけて嬉しくなりました。
ふわっと白い幻想的なお写真はキノコでしょうか?^^;
(ちょっと気になります。。。)
そろそろキンモクセイも咲き始めたようで、散歩に行かなくてはと思いつつ、、、
シルバーウィークは普段やっていなかった庭仕事と彼岸の墓参り(都内と実家とを往復)で終わりました。
連休って意外と忙しいので、連休が終わってほっとしているところです。笑

by nakasama (2015-09-24 19:53) 

タックン

e-g-gさん こんばんは。
本当に刻々とダイナミックに変化する秋の夕焼け
どんな言葉でも表せない自然の芸術ですね。
e-g-gさんならきっと絵で上手くその美しさを切り取られるのでしょうね。

『55歳からの〜』、読まれましたか。
私はこれが村上龍デビューですが、自分が持っていたイメージとだいぶ違っていました。
どの短編にも作家の確かな視点が感じられ、人間ドラマが描かれていると思いました。
最後に微かでも希望が残されているのがいいですね。
by タックン (2015-09-24 20:22) 

タックン

はてみさん こんばんは。
ツルボ、今年はいつになく群生して目を引いています。
この花も彼岸の時期に咲く花ですね。
そうです、このニャンはチューニャンです^^
そろそろ家に入れなくてはと思うものの、一日延ばしの状態です。本当はここ通信隊で生を全うさせたいのですが・・・

『13歳のハローワーク』 はてみさんのお仕事のきっかけになった本でしたか。わぁ~!読んでみたくなりました。
『55歳からのハローライフ』は、そう「ライフ」です。
それぞれの人生ドラマが描かれています。
テーマが軽いとは言えないのですが、読後は納得できるみたいな、そんな感じでした。
by タックン (2015-09-24 20:47) 

タックン

toroさん こんばんは。
今年は残暑を感じることなく秋がやってきましたね。
シルバーウィーク、せっかくのいいお天気でしたのに、
混んでいることを思うと出かける足が進みませんでした^^

別な世界があるのではないか、本当にそんな気がします。
手の届かないところで、大事なことが決められていくやりきれなさ、モヤモヤした気持ちでTVを見ていましたが、今回は少し希望が残されたような気がします。
これからの社会を生きていくのは若い人たちです。
現為政者は、その彼らの声を甘く見ているような気がします。本当に忘れないことですね! 
by タックン (2015-09-24 21:21) 

タックン

nakasamaさん こんばんは。
通信隊には大きなねむの木が数本あるのですよ。
ササゲの実になってきましたが、ホント、花もまだ
頑張っていますね^^
このキノコ、面白い形をしていたので思わずパチリ!
田舎ではキノコは食べるものでしたが、ここでは鑑賞^^

「連休が終わってほっとしている」に思わず笑ってしまいました^^nakasamaさんはいろいろ役割がたくさんあってお忙しいのですよね。
そんな時があったなぁとちょっとうらやましいです^^
by タックン (2015-09-24 21:33) 

未来

タックンさんに素晴らしい感想文を書いて頂いたのに
遅くなってしまい申し訳ありません。
村上龍さんが1976年に「限りなく透明に近いブルー」で
芥川賞を受賞されましたが、とてもその内容に付いて行けず
私とは肌合いの違う作家だとばかり思っておりましたが、
本屋で立ち読みしながら引き込まれてしまいました。
ついでに13歳のハローワークまで買ってしまいましたが、
これも、とてもユニークで独創的な本でした。
曼珠沙華の花は郷愁を誘います。
ニャンコちゃんの向こうにも、
ニャンコちゃんが居るのでしょうか。

いつの間にか季節が変ってしまいました。
しかしながら、見せて頂いた通信隊の方の景色は変わりなく、
大自然の雄大さを感じさせてくれますね。
by 未来 (2015-09-25 14:48) 

タックン

未来さん こんばんは。
『55歳からのハローライフ』の紹介をありがとうございます。未來さんのお薦めがなければ読むことがなかったかもしれません。とても面白くというのか、心に残る本となりました。
私も若い頃の村上龍さんはちょっとという気持ちがあって、手にすることもなく、この歳になって新たな出会いがあった気分です^^『13歳のハローワーク』も是非読んでみたいと思っています。
ブログは、本でも他のことでも、自分の興味以外の出会いが世界を広げてくれますね。

ニャンコの向こうにいるのはカラスです。
ニャンの餌の残りを待っているのです。
カラスも可愛いと思ってしまう私です^^
by タックン (2015-09-25 21:04) 

sakamono

そういえば、最近、空を見上げる機会が増えたような気がします。
秋だから、かな?『55歳からのハローライフ』、これからの私に
ピッタリな感じのタイトルですね。読んでみようかな^^;。
by sakamono (2015-09-25 23:14) 

そらへい

通信隊は秋が一番似合いそうに思えます。
でもコスモスの花がなくて
そのせいかにゃんこの後ろ姿も淋しげですね。

15年か20年前に村上龍さんは「13歳のハローワーク」を出していますね。これは小中学生対象の職業案内の本だった気がします。
私は、50歳過ぎで失業したとき、その当時の就職活動の日々をこのタイトルをもじって「40歳+13歳のハローワーク」というタイトルのブログを書いていたことがあります。
「53歳のハローワーク」としたかったのですが、確か他の方が使っておられて避けた記憶があります。
by そらへい (2015-09-26 21:55) 

mimimomo

こんにちは^^
通信隊の雰囲気が良いですね~ ツルボもこれだけ沢山咲くと案外華やか^^
猫ちゃん「何思う」・・・背中がちょっと秋かしらね。
吾亦紅の下は「キノコ」ですかしら。面白い形。
合歓木の下はママコノシリヌグイのようですね。
秋空も素晴らしいです。
by mimimomo (2015-09-27 17:55) 

タックン

sakamonoさん こんばんは。
そう言えば sakamonoさんのブログで空で空の写真を見せてもらうことが多くなりましたね^^
ご実家からは広い空が見られるのでしょうか。
『55歳からのハローライフ』、漠然と持っていた村上龍さんのイメージとだいぶ違っていました。しっかりそれぞれの人生が描かれていて、読みごたえがありました。
by タックン (2015-09-27 19:13) 

タックン

そらへいさん こんばんは。
秋になってますます空が広く感じられる通信隊です。
今夜は満月、通信隊から眺める月は本当にきれいです。
昨年は歩くところどころにコスモスの花が揺れていたのに、
今年は一本もありません。

村上龍さんの『13歳のハローワーク』が話題になっていたことは知っていたのですが、自分にはちょっと遠いような気がして、手に取ることはありませんでした。
「40歳+13歳のハローワーク」のタイトル
面白いと言っていいのかどうか・・・「53歳のハローワーク」の方が切実さが伝わってくるような気がしますね。
就活のご苦労が書かれているのに、勝手なことを言ってすみません^^;
by タックン (2015-09-27 20:05) 

タックン

mimimomoさん こんばんは。
草刈りで今年は見られないかもと思っていたツルボが
いつもに増して咲きそろっています。
コスモスは咲く前にすっかり刈り取られてしまいました^^;
白いキノコ、面白い形ですよね~ ちょっと儚げで^^
ミゾソバと思っていた花はママコノシリヌグイでしたか。
ママコノシリヌグイ、よく見るとすごい名前ですね~
こんなに可憐な花なのに^^
by タックン (2015-09-27 20:22) 

レイン

ツルボが見事ですね。来年はこうした光景が見られるのか・・?
シルバーウィークは遠出せず終わりました。でも休みが繋がるのはいいことなのかなと。
「55歳からのハローライフ」ブックオフで買って読みました。
ただ、記憶が・・なんかどれも切ない結末で終わっていたということだけしか思い出せません。
内緒の話はまだ公開できませんが、良いことです。
by レイン (2015-10-12 19:37) 

タックン

レインさん こんばんは。
わざわざコメントをありがとうございます^^
もう10月も半ば、このツルボも今ではすっかり
姿を消してしまいました。
「55歳からのハローライフ」レインさんも読まれましたか。それぞれ切ない人生が描かれていましたが、最後に少しだけホッとさせられるようなそんな小説でした。
内緒のお話、きっとおめでたい事ではないかと^^
楽しみにしていますね^^
by タックン (2015-10-12 20:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。